ビジネス

ビジネスの目的は利益の追求 │ ビジネスをシンプルに考える方法

物事をシンプルに考えるための方法

ビジネスでは本当に色々と考えることがありますよね。

 

私達は、仕事が増えるごとに物事を複雑に考えがちです。

今回は物事をシンプルに考えるための方法についてお話ししたいと思います。

 

 

本来の目的を頭に入れておかないとシンプルにできない

その仕事の本来の目的はなんですか?

 

「この企画を通じて地域のみなさんとふれあい地域に貢献していくこと」

よくありがちな企業の理念です。正直こんなん後付けですから。

 

そうじゃないですよね。本来の目的は

お客様に満足して買ってもらうこと

のはずです。

 

そうでなければ会社なんて継続できないですから。

 

赤字でもいいから地域のみなさんとふれあい地域に貢献することが目標なんてありえませんよね。

利潤の追求が会社の本来の目的であるはずです。

 

そこから離れたことを考えるとどうしても考えが糸がほつれるようにぐちゃぐちゃになってしまうんです。

 

とにかく今ある仕事の本来の目的を絶対に忘れないことが大事なんです。

 

これ、意外と難しいんですよ。段々とあらぬ方向へ行ってしまいますし、上司が訳の分からないことを言い始めるかもしれません。

でも、「利潤の追求」ということを忘れずに考えることで本来の仕事が迷子になることがありません。

 

迷ったら、本来の目的を考えることで物事の複雑化を防ぐことができます。

 

まずは「利潤の追求」というのが第一前提です。

サラリーマンでいると、その本来の前提まで忘れてしまいます。

 

私もサラリーマンの時、まさにそうでした。

 

利潤よりも自分が気持ちよくいい仕事をすることを優先していました。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

きっと私のような人も多数いると思います。

仕事自体はシンプルなんです。利潤が上がるか上がらないかだけです。

 

これをしっかりと理解しただけで頭の中がスッキリしました。

とりあえず、色々と複雑なことも「利潤」を軸に物事を考えてみてください。

 

頭の悪い私でも十分理解できたので絶対に理解できるはずです。

 

あれもこれもやりたいでは結局達成できない

複雑化してしまった場合、元のポジションに戻るのは大変です。

何を生かして何を捨てればいいのかの取捨選択に悩みます。

 

例えば、

 

餃子屋をはじめてかなり繁盛している店がありました。昨年の売上は2000万円で経費を除いて利益は1000万で今年の目標は利益1500万です。

まずは、もっと売上を伸ばしたいと考えてプレゼントつけようという事になってプレゼントにオレンジジュースをつけました。

そのオレンジジュースが人気だったので、オレンジジュースを単品で売り始めました。

それならとコーヒーもはじめて、コーヒーが売れてきたのでケーキもはじめました。

オレンジジュースもコーヒーもケーキもサービス品なのでほとんど利益は残りませんが来客してもらうために必死になって販売するためにアルバイトも増やしました。

そして地域の人へのお店のイメージアップのために何の関係もないパソコン教室を1回500円ではじめました。

結果、売上は大きく伸びて3000万になったのですが、人件費や仕入れなどが大きくかかり利益はたったの100万でした。

 

これは、めちゃくちゃ大げさな話ですが、会社ではざっくり言うとこれと同じようなことをやって利益を減らしていることがあります。

 

この餃子屋さんは、結局なにがしたいのか分からないですよね。

物事を複雑化した上に利益を減らすという愚策。

シンプルに考えられなくなったために起きたことです。

 

この餃子屋さんの目的はなんでしょうか?

売上でしょうか?

地域の人へのイメージアップでしょうか?

 

違いますよね。利益の追求ですよね。

色々やるのはいいんですが、どんどん複雑になってきて何がやりたいのか分からないくなってさらに利益まで減らしています。

 

まずは利益を追求しなければいけなかったのに余計なプレゼントやイメージアップの施策などをしたため、結果的に利益を減らしてしまったのです。

 

軸がしっかりしていないと全てが中途半端になってしまってなにも達成されないという最悪の状態になってしまいます。

 

だからやることも伝えることもシンプルにしなければいけないのです。

 

 

点を線でつなぐ作業

・なぜオレンジジュースをプレゼントすることで利益アップにつながっていくのか?

・なぜオレンジジュースやコーヒー、ケーキなど専門外のものを販売するのか?

・なぜパソコン教室をするのか?

 

全てクリアにしておく必要があります。

 

そして、大事なのが全て利益という目標につながっているのか考えることです。

行動した時にムダに時間を浪費してしまうのも複雑化した場合のデメリットです。

 

 

実際のところ、物事なんて複雑に考えることの方がめちゃくちゃ簡単です。

もっともらしいことを言えばいいんですから。

 

むしろ、シンプルに考えるには頭の整理整頓が必要になるのでとても面倒な作業になります。

必ず点と点を線で結んで、糸がほつれないようにしなければいけないからです。

 

あれもいい、これもいいとただ考えついたことをするのではなくて、根本的な問題を相手にするので思考を巡らせて、頭を整理しながらでなければ物事はシンプルになっていかないのです。

 

この頭の中の整理整頓ができないからただ思い付きでやったような企画がでてくるんです。

 

あなたも頭の中を整理しながら、シンプルに物事を考えるようにしていきましょう。

シンプルに考えれば、行動しはじめたらスピードが上がり圧倒的に早く目標を一致した行動ができるようになります。

ぜひやってみてください。

 

 

シンプルに考えるために必要なことのまとめ

シンプルに考えるために必要なことはいかがでしたか?

 

シンプルと言うと、殺風景というか、つまらないみたいに思うかもしれませんが、そのためにスキルが必要なんです。

 

なぜそれが必要なのか、それをするためにどうすればいいのかを考えれば答えは見つかるはずです。

 

これができるようになると仕事のスピードも圧倒的に上がるので積極的に考えていきましょう。

 

-ビジネス