ビジネス

あなたの仕事や勉強を捗らせるストレッチや軽い運動

 

集中力をアップさせるにはストレッチや軽い運動を取り入れよう

仕事や勉強の追い込みの時、あなたはデスクにずっと座りっぱなしではないですか?

 

そんな時こそ軽く運動を取り入れたほうが集中力がアップします。

 

今回はあなたの仕事や勉強を捗らせるストレッチや軽い運動についてお伝えいたします。

 

 

仕事や勉強の合間に軽いストレッチや運動がおすすめ

仕事や勉強はずっと自分の机に座り続けてするものだと思っていませんか?

 

こんな仕事をしていると集中力が途切れるのも早いです。

私がまさにそうなんですが、30分くらいすると腰が痛くなったり、肩が痛くなったりして辛くなってきて全く作業に集中できなくなるんです。

 

そんな時はストレッチや軽い運動を取り入れてみましょう

 

まあ、たまにストレッチしましょうなんてことはよく言われているじゃないですか。

 

疲れてきたらやるんじゃなくて体が「疲れた」と認識する前にやった方が絶対にいいです。

 

これはおすすめではなくて、体の警告が出る前にやってください。

 

というのも、私は自分で起業してからずっとデスクに座ってパソコンをしていたのですが、2ヶ月後に朝起きると首の違和感と痺れを覚えました。

 

「あれ? 左腕が痺れている。腕を下にして寝たかなぁ? なんだこの首の痛み、動かせんぞ。」

 

妻を呼んでゆっくりと首を動かしました。上を向いたところ激痛が走ったのです。

 

「イタタタタ・・・・。」

 

これはヤバいと直感してすぐに病院へ行きました。

診察すると先生はひと言

 

「頚椎ヘルニアだな。」

 

えっ!首もヘルニアになるんだと思いつつも

 

「一応MRIを撮ってみようか」

 

MRIを撮りました。

その結果・・・・・・

 

「やっぱり頚椎ヘルニアだな」

 

ガーーーン

 

今までパソコンをはじめたら、パソコンにかじりついていたせいで発症してしまったのです。

 

「簡単なストレッチしながらやってみてください。特に肩甲骨のストレッチやってみてください」

 

そうです。体が知らない間に蝕まれてたんです。

 

だから、そうならないためにも30分に1回、3分程度でも軽く運動やストレッチした方がいいです。

というか、私のようにならないためにも必ずすることをおすすめします。

 

この頚椎ヘルニアでストレッチと運動が体にとってどれほど大事なのか身を持って体験しました。

 

集中力をキープするためにも軽い運動やストレッチは絶対に欠かせないものであるので細かく休憩をとって体を軽く動かしてみてください。

 

 

なかなか休憩をとるタイミングが分からないようでしたらポモドーロテクニックを使用して決まった時間に休憩を取ってください。

 

ポモドーロ・テクニックは以前の記事でも紹介しましたのでご覧ください。

 

集中力はポモドーロ・テクニックで短時間集中!

  集中力を発揮させるための短時間集中法 「集中力欲しいなあ」 誰もが思うことです。 私もいつも思っています。   「途切れない集中力があれば作業もすぐに終わるのに」 「集中力があ ...

続きを見る

 

ポモドーロ・テクニックは25分に1回休むのですが、私はその休みごとに軽いストレッチや運動をするようにしています。

休憩も忘れないですし集中力も下がりにくいのでおすすめです。

 

たった5分で頭もスッキリ!

運動が苦手とか体が硬いからストレッチが苦手とか関係ないです。

ストレッチや運動は本当に軽いものでOKです。

 

体は、じっとしていると血流が悪くなるので肩こりとか首こりなんかが出やすくなるのは分かると思います。

だから頻繁に軽く動かすことで血流を良くしてあげるんです。

 

方法はなんでもOK。

 

とりあえず自分が気持ちいいというものでいいと思います。

 

もし何をすればいいのか分からなければ、YouTubeで

「軽い運動」

「ストレッチ」

とかで検索したものでエクササイズしてみてもいいと思います。

 

私は自己流で肩や首を回したり、肩甲骨のストレッチをしたり、膝の屈伸をしたりしています。

リフレッシュするのが目的なんで、なんでもいいです。

 

自分が気持ちいいと思えるものを実践してみてください。

 

ドラゴン桜が教えてくれた動きながらの勉強法

「ドラゴン桜という漫画を知っていますか?」

 

ドラマでも阿部寛さん主演で生徒役として山Pや長澤まさみさん、ガッキーなど今をときめく人たちが出演して話題でした。

 

偏差値36の高校生が東大を目指すと言うドラマなのですが、この勉強法がなかなかおもしろくてハマってしまったドラマです。

 

私は、この漫画が大好きなのでストレッチとか運動ではないけど、これを読んで実践していることがあります。

 

 

何かというと、勉強法のひとつでスポーツをしながら公式を覚えるというのがありました。

マンガでは卓球や競歩などで問題を解いたり、公式を暗記したりしていました。

 

私は読書をする時にそれを実践しています。

家の中をぐるぐる歩き回りながら読書するんです。

 

別に仕事や勉強、読書は座ってやらなければいけないということはありません。

 

そうしなければいけないというのは完全な思い込みで、自宅でやる時は自分が集中力をキープできる状態でやるのが一番です。

さすがに会社でそれをやったら怒られるかもしれませんが・・・・・。

 

ただ、運動自体は、脳を活性化する働きもあるので非常に効果的です。

※外でやるのは危ないので絶対にやらないでくださいね。

 

 

実際に私は読書が苦手だったんで、あんまり読書していませんでした。

 

しかし、本は新しい気付きを与えてくれることも知っているので頑張って読んでいました。

しかし、読書するとだんだんとまぶたが2tほどの重さになって耐えれなくなり寝てしまっていたんです。

 

これを始めてからは、動いているので眠くなるということがなくスラスラ読書できるようになりました。

 

もし、私と同じように読書が苦手なら絶対に試してみてください。

 

集中力が途切れることなく読書や暗記ができることを実感できると思います。

 

 

集中力をアップさせるにはストレッチや軽い運動を取り入れよう まとめ

集中力をアップさせるにはストレッチや軽い運動を取り入れようはいかがでしたか。

 

本当に簡単なことですよね。

だれでも実践できると思います。

 

少しストレッチをしたり軽い運動をすることで、体だけでなく、脳もリフレッシュできます。

体を動かすと気分もポジティブになりますよね。

 

 

休憩をマメにとっても、結果的に集中力がアップするので仕事は座りっぱなしよりも数倍捗ります。

 

ずーっと座りっぱなしよりも心も健康になりますので意識的にストレッチや軽い運動を取り入れることで、いつも頭も体も心もリフレッシュな状態をキープしましょう。

-ビジネス