コンテンツ

ライティング初心者が記事作成で参考にするべき2種類の人間の欲求

 

人間の欲求は先天的欲求と後天的欲求の2種類あることを理解しよう

「美味しいものを食べたい」

「健康になりたい」

など人間には欲求がついてまわっています。

 

その欲求が人が商品を購入するための理由になるのですが、主に欲求は誰もが持っている先天的欲求と後天的欲求があります。

 

欲求を使ってライティングをすれば、見込み客にとって非常に惹きが強いものになります。

 

今回はその欲求を使ったライティングの基本をマスターしていきましょう。

 

ライティング

 

LF8と呼ばれる生物学的にプログラムされている8つの欲求

ライティングの前に欲求のことをよく知っておかなければなりません。

 

とにかく人間の最も強い欲求が「LF8」と呼ばれる欲求です。

このLF8とは、生命の8の力で、生物学的に先天的にプログラムされている欲求です。

 

LF8(生命の8つの欲求)

1. 生き残り、人生を楽しみ長生きしたい

2. 食べ物、飲み物を味わいたい

3. 恐怖、痛み、危険を免れたい

4. 性的に交わりたい

5. 快適に暮らしたい

6. 他人に勝り、世の中に後れを取りたくない

7. 愛する人を気遣い、守りたい

8. 社会的に認められたい

 

以上の8つです。考えてみればほとんどがこの8つにあてはまっている欲求が多いですよね。

 

「自由に働いて人生をエンジョイしたい!」

「美味しいお寿司を食べたい」

「すてきな女性と交際したい」

 

これらは全部LF8の欲求です。

あなたが叶えたい夢ってなんですか?

 

この答えはほとんどがこの8つの欲求にあてはまります。

「自由なライフスタイルで人生をエンジョイしたい」

これは私の理想の未来ですが

 

・生き残り、人生を楽しみ長生きしたい

・快適に暮らしたい

この2つにバッチリあてはまっていますよね。

見込み客に対して、これらの欲求を掻き立てる文章を書くことで売上が大きく跳ね上がります。

 

とにかくこのLF8だけは学生時代の勉強のように暗記してください。

ニュアンスさえ分かればOKです。

 

世の中のダイエットや美容、健康などの広告のヘッドコピーと言われる見出しは大抵この欲求に訴えかけて作られています。

一度確認してみてください。

おもしろい位に全てがそうなっていますので。

 

テレビショッピングも完全にこの8つの欲求を意識して作られています。

これを理解した上で、広告やテレビショッピングを見るとこの欲求を覚えるのも早くなりますし欲求の刺激の仕方も分かってきます。

 

 

何よりも、いつも不要の広告も、見ないテレビショッピングも

「あっ、今恐怖を煽った」

「快適さを一生懸命説明している」

「社会的に認められるためのキャッチコピーが書かれている」

 

こんなふうに発見しながら興味深く見ることができます。

あの広告もあのチラシもあの番組もあの商品も・・・・・おもしろいくらいに使ってます。

 

これを知ってから広告やテレビショッピングを見るのが私は本当に楽しくなりました。

あなたもぜひ確認してみてください。

 

後天的な2次的欲求

LF8を確認して、

「俺はこれ以外にも欲求があるね。8つなんてウソだ!」

なかには、こんなふうに思った方もいるかもしれません。

 

 

正解です。

 

「このパソコンのことをもっと知りたい!」

「健康になりたい」

「かっこよくなりたい」

こんな欲求持ってますよね。

 

これが後天的な2次的な欲求です。

おもに9つの欲求があります。

9つの欲求

1. 情報が欲しい

2. 好奇心を満たしたい

3. 身体や環境を清潔にしたい

4. 能率よくありたい

5. 便利であってほしい

6. 信頼性、質のよさが欲しい

7. 美しさと流行を表現したい

8. 節約し、利益を上げたい

9. 掘り出し物を見つけない

 

これを見て、

「あるある」

って思われたのではないでしょうか。

 

ただ、これらの欲求は、正直LF8の足元にも及ばないくらい弱いのが特徴です。

 

これが先天的なのか後天的なのかの違いなのかなと思います。

そして、この9つの欲求は最終的な目標を考えるとLF8につながってきます。

なので、どちらかというとうわべの欲求になっているかなと思います。

 

考えてみれば分かると思いますが、

心を動かされるのは?

1. 「このパソコンのことをもっと知りたい!」

2. 「すてきな女性と交際したい」

 

どっちが心を動かされますか?

ということなんです。

 

 

もちろん2番ですよね。

1番はあくまでも知りたいというサブ的な欲求だけで、それを知ったらもう満足してしまうじゃないですか。

 

生きていく上ではあまり重要ではないことが後天的欲求です。

なのであくまでもサブ的な欲求と考えてください。

 

欲求を使ってモノを売る訴えかけるためのライティング方法

「人間は感情でモノを買い理屈でそれを正当化する」

人間がものを買う理由は感情です。

その感情が欲求です。

 

「欲しい」

という感情のあとに理屈を後付してモノを購入するのです。

その感情に訴えかける言葉を使ってライティングするのです。

 

感情に訴えかけるためには

 

感情に訴えるためには?

・商品を使うとどうなるのか?

・商品を使うことで受けるメリットは?

 

これをイメージさせる言葉が必要になります。

このイメージをさせるライティングをすればいいのです。

 

「美味しいアイス」

よりも

 

「自然放牧で育てられた搾りたての濃厚な生乳をたっぷり使用した口当たりがマシュマロのように柔らかで自然な甘みが広がる当店一番人気のアイスクリーム」

こちらの方がそのアイスをイメージしやすいですよね。

このイメージが大切で、見込み客に言葉でイメージさせて頭の中にそのアイスを想像させることが大事です。

 

ポイント

・どこで作られた?

・何で作られた?

・味は?

・感触は?

・どんなもの?

 

これらを答えるとライティングしやすくなります。

 

大事なもの

5W1H

五感

 

この2つについて商品を深堀りしていくとめちゃくちゃ商品のライティングをしやすくなります。

ぜひ参考にしてライティングをしてみてください。

 

記事作成

 

ライティング初心者が参考にするべき2種類の人間の欲求 まとめ

 

ライティング初心者が参考にするべき2種類の人間の欲求はいかがでしたか?

 

欲求には大きく分けて2つの種類がありますが、LF8と呼ばれる先天的欲求が商品のセールスの時にはよく使われます。

 

このLF8を覚えておかないと心を揺さぶるライティングはできないので絶対に覚えておいてください。

「食べたい」

「生きたい」

「快適でありたい」

 

これらの欲求を振り払うことはできないので、LF8を元にしてセールスライティングをすれば、人間を行動させる本質的なものを利用できます。

 

これを絶対に利用してまずはライティングしてみましょう。

-コンテンツ