時間管理

集中力はポモドーロ・テクニックで短時間集中!

 

集中力を発揮させるための短時間集中法

「集中力欲しいなあ」

誰もが思うことです。

私もいつも思っています。

 

「途切れない集中力があれば作業もすぐに終わるのに」

「集中力があれば途中でスマホなんか開かないのに」

 

 

私は長時間の集中力は諦めました。やめてからどうなったかというと、作業が捗るようになったんです。

 

今回は集中力を発揮させるための短時間集中法についてまとめてみました。

 

 

集中力が続く時間は短いのが普通と思い込む

よく聞く巷の話しでは

 

よく言われる集中力の持続時間

・集中力は120分が限界

・集中力は90分まで

など結構時間が長いことが多いですよね。

 

私はと言うと・・・・ここまで集中力が途切れることなく、没頭したことないです。

大体1時間持てば相当いい方で大体が30分程度。

 

どうしてもそれ以上になるとちょっとソワソワしてくるんですね。

 

インターネットや本などでも集中力をアップする方法、集中力を高めるための方法など世の中には集中力にまつわる情報がかなり発信されています。

 

 

結局読んでもあまり変わらず、私が出した答えは

「きっと30分くらいが自分の限界なんだな」

ということでした。

 

 

正直に言うと、あまりに短いので心配になってかなりネットサーフィンしました。

 

心配しているのはみんな一緒なのかかなりの記事がヒットしました。

色々しらべていくと、30分というのも多かったですが、10分とか15分と言う記事も非常に多かったんです。

 

そのおかげで自信をなくすことはありませんでした。

 

さらに2015年のマイクロソフトのリサーチのレポートには「人間の集中力は8秒」という結果も載っていてこれには度肝を抜かれました。

 

 

私だけでなく、他の人達も自分の集中力がないことが悩みでこんな記事がたくさん出ているのかと安心しました。

 

その結果、私の出した答えは

「人間の集中力は短いもの」

ということです。

 

1時間、2時間なんてみんなムリなんだと思っておけば気も楽になりました。

 

 

なので、これを読んでいるあなた、心配しないでください。

集中力は30分あれば十分です。

 

 

ポモドーロ・テクニックが集中力アップのカギ

30分集中できる短時間集中法を紹介します。

「ポモドーロ・テクニック」

 

最近ではテレビや本などでも紹介されてきてますので知っている人もいるかもしれませんが、私のまわりではほとんど知っている人はいませんでした。

 

聞いたことがない人が多いかもしれないので説明しておきますと、【25分作業→5分休憩】を最大4回続ける時間管理術のことです。

 

具体的には下記のタスクをこなしていきます。

 

ポモドーロ・テクニック

[作業] 25分 → [休憩] 5分 → [作業] 25分 → [休憩] 5分 → [作業] 25分 → [休憩] 5分 → [作業] 25分 → [休憩]30分

 

集中力が途切れがちな人も25分くらいなら頑張れる気がしませんか?

 

それがミソです。短いから続けられるんです。

だから私のような集中力のない人もできるんです。

 

考えてもみてください。

25分が4回ならそれでもう1時間40分ですよ。今までそこまでの集中力をキープするのが難しかった人もかなり楽にできるはずです。

 

 

最近ではPCやスマホのアプリとしても出てきており、私はこれをPCとスマホに入れています。

AndroidならGoogle Playで、iphoneならApp Storeで「ポモドーロ」で検索してみてください。

 

色々なポモドーロ・テクニックのツールが出てきますので。

 

私のおすすめのアプリを紹介しておきます。

 

おすすめアプリ

【PC】・・・Google chromeの拡張機能の「Strict Workflow」

【スマホ】・・・Android、iphoneともに、「Focus To-Do」

 

私はシンプルなものが好きなので必要最小限のアプリを使用しています。

使い方も全く迷うところがないので、余計な機能がいらないのであればこの2つを使ってください。

 

25分作業、5分休憩のポモドーロ・テクニックのすばらしさを体感してみてください。

絶対に集中力が上がると思います。

 

 

これを始めてから、集中力が途切れる前に休憩できるんで思った以上に作業スピードが上がりました。

 

「えっ!もう時間終わったの?」

ってなることも多いのです。

 

「もうちょっとやってから休もう」

と思うこともたびたびあります。

 

注意ポイント

タイマーがなったら絶対にどんな中途半端でも休みましょう

 

私はそれをしなかったせいで一度失敗しました。

 

なぜ中途半端でも休んだほうがいいのか?

一段落して休憩すると、次の作業をしたくなくなり休憩を長く取りたくなるし気分が「終わった」という安心感が出てくるため。

 

学校と一緒でアラーム(学校ではチャイム)が鳴ったら休むのが絶対にいいです。

なので、失敗してからはタイマーが鳴ったらどんな時でも絶対に休憩をとりました。

 

 

すると・・・・・・

 

「次こそは決めたところまでは絶対に終わらすぞ」

という気持ちで集中力が途切れることがほとんどなくなったんです。

 

 

私のような集中力が上がらない人はとりあえずはまず使ってみてください。

正直説明よりも実際使ってみた方が早いです。

 

 

短時間集中法のまとめ

短時間集中法はいかがでしたか。

長時間、集中力が続かないのなら短時間集中を連続してやればいいのです。

 

 

実際、長時間集中力を切らさずにやっているように見える人も、実は上手く息抜きをして作業と休憩の連続で集中力を持続させているのかもしれませんね。

 

最後に、私がポモドーロ・テクニックをやってみて最大のポイントを教えます。

 

ポイント

時間は必ず守って必ず休憩をいれること

 

これが集中力をキープする最大の秘訣です。

 

私は集中力のキモは休憩だと思います。

長すぎてもダメだけど取らないのも絶対ダメです。

 

 

あなたの集中力アップのサポートができれば幸いです。

 

-時間管理